HOME>アーカイブ>正当な権利を主張して未払い分の賃金を受け取る
ジャッジガベル

泣き寝入りしないために専門家に相談

国会でも働き方改革について議論されるようになってきたこともあって、昔に比べると残業代を支給しない会社は少なくなってきています。しかし、まだまだ労働した分の残業代をきちんと支払っていない会社もあり、立場が弱い被雇用者な泣き寝入りしていることが少なくありません。働いた分の残業代請求は正当な権利なので泣き寝入りすることなく、法律の専門家に相談してみると良いでしょう。様々な士業事務所が残業代請求についての業務を行っており、主な相談先としては、社会保険労務士事務所や弁護士事務所などがあります。弁護士を利用すれば、会社経営者との交渉や訴訟に発展してしまった際の訴訟代理なども依頼することが出来るので、いざという時にはかなり助けになります。被雇用者の残業代請求について、詳しい法律事務所や社会保険労務士事務所は大阪などの大きな都市にはたくさんあるので、探してみると親身に相談に乗ってくれます。

訴訟代理や交渉を依頼することができる

未払いの残業代が残っている場合、退職後も過去に遡って一定期間分の残業代請求をすることができますが、交渉のためには証拠を残しておくことが重要です。残業代請求に詳しい士業事務所は大阪にも多いので、事前に相談に乗ってくれる事務所を見つけて、いろいろな知恵を身に着けておくと交渉を有利に進めることが出来る様になります。残業代請求に詳しい士業事務所の中には、初回無料で相談に対応してくれるところもあるので、気軽に利用することが出来ます。主なサービス内容については、依頼する業務の内容によって異なっていますが、会社側との交渉の場に立ってもらうことも出来るでしょう。また、交渉がこじれてしまい、裁判所に訴訟を提起することになった時も書面の作成や訴訟代理などをお願いすることも可能です。